お役立ちコラムCOLUMN

KK MAGNET株式会社TOP > お役立ちコラム > マグネットを取り付ける目的にはいくつかある!

マグネットを取り付ける目的にはいくつかある!

工場で製品を製造する場合、マグネットは目的によって取り付けを考えなければなりません。
一般的に食品に入っている金属を探知して取り除くために使用する場合が多いですが、ほかの製品の場合は違う目的を持ってマグネットを取り付ける場合もあります。

ここからは、マグネットを取り付ける目的にはどんなものがあるのか紹介していきます。

品質を保つため

多くの食品は大量に生産するため、機器を利用しています。
機器に使用されている部分の多くは金属でできていますので、時には食品の中に混入してしまうケースがないわけではありません。

もし金属が混入しているにもかかわらず、気が付かないまま食品を販売してしまうと、消費者がケガをしてしまう可能性があります。

事前に金属が混入してしまった食品を販売しないために、マグネットを使用するケースは多いです。

食品に限らず、リチウムイオン電池の場合でも金属が混入していれば事故につながります。
使っているうちに発火してしまう危険性もあり、細心の注意を払って異物をなくさなければなりません。
トラブルが起きないように、マグネットを取り付けて検査します。

品質をさらにアップさせる

マグネットを使用することで、今の製品の品質をさらにアップさせることも可能です。
たとえば、食品の場合は、マグネットで検査をしたからといって急に味がパワーアップすることはありません。

しかし、リチウム電池の場合は、余計な金属や異物を取り除くことでもっと小型化させることも可能です。
安心して使えるようにだけでなく、製品が持っている性能をさらに向上させるためにマグネットを使用することもできます。

自社の設備を守るため

設備を長く使いたいと思っていても、異物が混入していることが原因で故障してしまうケースもあります。
自社の設備を守るためには、異物をまず取り除いてから使用しなければなりません。

設備を利用して細かく砕きたい時など、本来の製品だけでなく何か別のものが紛れ込んでいる場合もあります。
気が付かずに設備を稼働してしまうと、壊れてしまい修理代もかかります。

特に粉砕機を使う場合には、投入する原料はしっかりと点検しておかなければなりません。
除去したい異物は何か分析し、それに合ったマグネットを使う必要があります。

まとめ

マグネットを取り付ける目的は1つではありません。
一般的には食品に金属が混入していないかどうかがパっと思いつくかもしれませんが、今ある製品をさらに良いものにするためにも利用できます。

粉砕機などで安全に原料を砕くために、マグネットを使う場合もあります。
まずはなぜマグネットを使用するのか目的を明確にして、合うマグネットを選ぶことが重要です。

この記事の監修者

ケーケーマグネット株式会社

KK MAGNET 事務局

KK MAGNET株式会社は、培ってきたハイレベルな施工品質による高磁力磁石・金属異物除去磁力検査粉体輸送、省人化等の事業です。
プラントの設備設営に関するトータルな事業に関する高い技術を惜しみなく提供いたします。 本コラムはKK MAGNETが監修するお役立ちコラムです。

関連記事