お役立ちコラムCOLUMN

KK MAGNET株式会社TOP > お役立ちコラム > マグネットによる金属異物除去法の利点と注意点も知っておこう

マグネットによる金属異物除去法の利点と注意点も知っておこう

金属異物を除去しようと思った時、マグネットを使用する方法が挙げられます。
特に食品を製造する過程の中で、機器から金属が混入してしまうケースが多いです。
そんなに大きいものではないため、目で確認するのも難しく、消費者の手に渡ってしまう場合もあります。

金属異物混入を防ぐためにも、マグネットを使われるケースは多いです。
ここからは、マグネットを使用した際の金属異物除去法の利点と注意点について詳しく解説していきます。

マグネットは工場の機器で使用される場合が多い

工場で製造されている食品を安心して食べられるようにマグネットを使用しているケースが多いです。
すべてができあがるまでの過程で、機器の中に装置を組み込みます。

マグネットを使った金属異物除去の利点

マグネットを使って食品などの製造物に金属が入っていないか確かめる方法には、いくつかの利点があります。
まず、ランニングコストがほとんどかからないため、経費削減につながります。
マグネットは常に電気を通して配線などにつなげなければ使用できないということもなく、コストがほとんどかかりません。

製造するために使用している機器や設備を活かしつつ、マグネットを最適な場所に設置できます。
大きさや形なども、機器や設備、製造の原料などに合わせて製作可能です。
今ある設備へ物理的な干渉がほとんどないため、大きな機器を交換する必要もありません。
どのようなマグネットを使用するかにもよりますが、性能に優れているものを使用すれば微細な鉄粉も感知して吸着除去が可能です。

マグネットによる金属異物除去法の注意点

購入当初は永久磁石でずっとそのまま使用できると感じますが、ずっと使っていると、それなりに性能が落ちてしまうケースもあります。

気が付かずに使い続けていると、食品の中に金属が混入していても気が付かない場合もあります。
ほかにも、高温にずっとさらされている状態だと劣化しやすいです。
耐熱が80℃にもかかわらず、100℃以上で使用してしまうなど、間違った使い方をしてしまうと一気に磁力が低下してしまいます。
永久磁石であっても安心して末永く使えるように、定期的な検査は必須です。

まとめ

マグネットによる金属異物除去は、特に製造過程での食品などを調べる際には重要です。
そんなに大きなランニングコストをかける必要もないですし、導入の際も今使用している機器に導入できます。
しかし、永久磁石であっても使い方次第で劣化してしまうので、定期的なメンテナンスと正しい方法で使うことが重要です。

この記事の監修者

ケーケーマグネット株式会社

KK MAGNET 事務局

KK MAGNET株式会社は、培ってきたハイレベルな施工品質による高磁力磁石・金属異物除去磁力検査粉体輸送、省人化等の事業です。
プラントの設備設営に関するトータルな事業に関する高い技術を惜しみなく提供いたします。 本コラムはKK MAGNETが監修するお役立ちコラムです。

関連記事