お役立ちコラムCOLUMN

KK MAGNET株式会社TOP > お役立ちコラム > 粉体搬送の種類や特徴について

粉体搬送の種類や特徴について

粉体搬送とは粉状のものを工場の製造ラインなどで運ぶことです。
粉は舞い散るリスクなどがあるので、どのように運ぶかで、流出リスクを防ぐことやホコリなどの防ぐことができます。
粉体搬送の種類や特徴などについて、詳しく見ていきましょう。

粉体搬送とは

粉体搬送の方法を使い分けることが重要です。
粉体搬送は粉状、パウダー状のものを搬送することです。
粉やパウダーといっても、その粒の大きさや形状、性質などはさまざまなので、適切な方法で搬送しないと搬送できません。
粉体搬送にはさまざまな仕組みを持つ機械装置を用いる方法があります。

様々な方式と特徴

粉体搬送の方式には、さまざまな方法があります。
たとえば、真空ポンプを使ったバキュームコンベアなどは吸引式の搬送方法です。
エアーを吸引する力で粉体を搬送する方式で、異物混入や粉じんのリスクが少ないです。
圧縮空気式は、粉体を入れたタンクを密閉したうえで、圧縮空気を挿入します。

供給先との圧力差を利用して搬送する方法で、粉体の破損が少なく、まとめて多くの粉を送れます。
スクリュー式は搬送管の内部に装着したスクリューを回転させることで搬送する方法です。
磨耗・破砕しやすい粉体や粘性が高い粉体には不向きです。

バケットコンベアは、バケットの中に粉体を搭載して搬送していく方式です。
出口まで原形をとどめて搬送ができるので、お米やコーヒー粉をはじめ、化学薬品など壊れやすい粉体や顆粒などの搬送に向いています。

方式の選び方

どの方式が向いているかは、まずは搬送したい粉体の粒の大きさや粘度、性質などによります。
次に工場ラインの構造や向きなども検討しなくてはなりません。
上から粉体を投入するのか、左から右へ横へ流すのか、下から上、上から下など縦に流したいのか、適切な装置は変わります。

まとめ

粉体搬送は粉状のものを搬送することです。
粉体にもさまざまなものがありますので、粒の大きさや嵩比重、性質などに応じて、適切な方法で運ぶことが大切になります。
装置ごとに特徴があるので、粉体に合った方式、工場ラインの流れに合った方式を選びましょう。

弊社では材料受入~出荷(梱包)までの自動化
原料~製品までの空送化について

長年の経験を基に最適な粉体輸送設備のご提案提案が可能です。
各種粉体輸送機械も取り揃えております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事の監修者

ケーケーマグネット株式会社

KK MAGNET 事務局

KK MAGNET株式会社は、培ってきたハイレベルな施工品質による高磁力磁石・金属異物除去磁力検査粉体輸送、省人化等の事業です。
プラントの設備設営に関するトータルな事業に関する高い技術を惜しみなく提供いたします。 本コラムはKK MAGNETが監修するお役立ちコラムです。

関連記事