お役立ちコラムCOLUMN

KK MAGNET株式会社TOP > お役立ちコラム > 食品工場建設会社の選び方のポイント4つ|発注方式の違いも解説

食品工場建設会社の選び方のポイント4つ|発注方式の違いも解説

食品工場の建設は、他の製造業とは異なる視点と技術が必要になります。食品工場建設を依頼する会社を選ぶときは、「食品工場特有の課題を解決できるか」を見るのが大きなポイントです。

本記事では食品建設会社の選び方として、4つのポイントや発注方式の違いを解説します。

食品工場建設会社の選び方のポイント4つ

食品工場建設を依頼する会社を選ぶときは、食品工場建設に関する経験・実績や、法令等への対応力をチェックします。食品工場建設会社の選び方における、4つのポイントをまとめました。

食品工場建設の経験・実績がある会社を選ぶ

食品工場建設の依頼は、食品工場建設の経験・実績がある会社を選びましょう。

信頼性ある食品工場運営をするには、他製造業の工場にはない基準をクリアしなければなりません。具体的な例は次の通りです。

  • 原材料や製品における適切な温度管理や、異物・害虫の混入防止ができる設計
  • HACCPやISO22000などの品質保証関連の認定
  • 食品衛生法や食品安全基本法などの食品関連の法令遵守
  • 大腸菌や黄色ブドウ球菌など、細菌の発生を抑える衛生的な構造・機器
  • その他安全面・衛生面に配慮した工場設計

中でも注目したいのは、自社製品と同じカテゴリーの製品を作る工場の建築実績についてです。

例えば食肉加工 とお菓子 の製造は、同じ食品製造のカテゴリーとはいえ、必要な専門知識や遵守すべき法令に大きな違いがあります。別カテゴリーの工場建築の実績しかないと、自社製品を製造する工場に対応できない可能性があります。

HACCPやその他行政・法令への対応に知見がある会社を選ぶ

建築会社を選ぶときは、2021年6月より導入・運用が義務化されたHACCPに対応できる知見があるかをチェックしましょう。

HACCPとは、食中毒汚染や異物混入などの危害要因(ハザード)を把握・分析し、入荷から製品出荷までを管理する衛生管理手法です。全工程での対応が求められることから、設計段階からHACCP対応の製造工程を検討しておく必要があります。

また食品工場を建設・運営するには、輸入届出、排水、廃棄関連についても対応できる工場設計が求められます。これらの手続きをスムーズに進める意味でも、行政・法令関係を熟知した会社を選び、建設前からしっかり対応するようにしましょう。

食品工場に強い建築士が担当してくれる会社を選ぶ

安全面・衛生面だけを意識しすぎて生産性を疎かにすると、食品工場の運営自体が困難になるリスクがあります。生産効率が高い工場を目指すには、メンテナンス性(清掃・洗浄のしやすさなど)、導入機器の種類、温度管理、入出荷など、食品工場特有の生産・衛生事情まで考慮する必要があります。

こうした事情を知る食品工場建築に強い建築士なら、生産効率面や衛生面など、食品工場に求められる要素を盛り込んだ設計が期待できるでしょう。

地域性のある会社を選ぶ

食品工場建設のためには、原材料・資材の入出荷にかかわる周辺の交通事情や、騒音・匂いに関する周辺地域への配慮など、工場外についての情報が必要です。

そのため食品工場の建設会社選びの際には、「地域特有の特徴を考慮した提案ができる」「周辺地域を熟知した、地場の協力会社と協力関係を結べる」など、建築会社が持つ地域性の確認が重要です。

食品工場建築の主な発注方式

工場建築を発注する方法は、「設計施工分離方式」と「設計施工一貫方式」の2種類に分けられます。

設計施工分離方式とは、設計と施工を別々の会社に分けて発注する方法です。設計者と施工者の役割分担が明確になる、設計事務所による管理によって手抜き工事リスクが軽減するといったメリットがあります。一方で、設計側・施工側の業者選定や契約の労力が大きい、工期やコストがかかる可能性があるなどのデメリットに注意が必要です。

次に設計施工一貫方式(デザインビルド)とは、設計と施工を同じ会社へ発注する方法です。工期短縮・コスト削減が狙える、技術・ノウハウを活かした施工・材料選定によって品質が向上するなどのメリットがあります。一方で、工事管理が甘くなる可能性がある、客観的な目線が入りづらいといったデメリットがあります。

まとめ|食品工場の建設会社選びは時間をかけてじっくりと!

食品工場の建設を依頼する会社は、食品工場の建設に関する経験・実績や、食品関係の法令などへの対応力があるかで選ぶことが大切です。生産性の問題や品質事故のリスクなど特有の課題を解消するためにも、建設会社選びは時間をかけてじっくり進めてください。

この記事の監修者

ケーケーマグネット株式会社

KK MAGNET 事務局

KK MAGNET株式会社は、培ってきたハイレベルな施工品質による高磁力磁石・金属異物除去磁力検査粉体輸送、省人化等の事業です。
プラントの設備設営に関するトータルな事業に関する高い技術を惜しみなく提供いたします。 本コラムはKK MAGNETが監修するお役立ちコラムです。

関連記事