お役立ちコラムCOLUMN

KK MAGNET株式会社TOP > お役立ちコラム > 工場で省人化を進めるメリットとは?実現のポイントを解説

工場で省人化を進めるメリットとは?実現のポイントを解説

省人化(しょうじんか)とは、業務プロセスの無駄や非効率な作業を改善し、作業に必要な人員を削減することです。工場で省人化が達成できれば、生産性や作業面でさまざまなメリットがあります。

本記事では工場で省人化を進めるメリットや、実現のポイントを解説します。

工場で省人化を進めるメリット

工場で省人化を進めるメリットは、人手不足の解消、生産性の向上、収益性の向上の3点です。具体的に見ていきましょう。

人手不足の解消につながる

省人化は、人手不足の解消に効果的な施策です。具体的な効果の例は次の通りです。

  • 省人化で浮いた人員を、人手不足の他の工程に配置できる
  • 人件費が削減できる
  • 採用活動にかかる時間・労力を削減できる

日本においては少子高齢化や長期的な労働人口の減少、働き方改革による労働時間減少などの影響で、今後労働力不足になることが懸念されています。省人化を進めておくことで、現在だけでなく将来的な人手不足の解消も可能です。

生産性が向上する

製造工程の自動化や管理システムの導入によって省人化を行うことにより、人力作業と比較して生産性の向上が期待できます。具体的な効果は次の通りです。

  • 人間と異なり、休憩時間なしで連続稼働ができる
  • 体調不良やモチベーション低下などによる、パフォーマンス低下が発生しない(メンテナンスや部品交換は必要)
  • 一定の品質での大量生産、連続生産、高品質な生産、作業の標準化が可能になる
  • 人の目では確認できない微細な品質チェックができる

生産性の向上によって収益性が上がる

自動化による省人化で生産性が向上すれば、人件費の削減だけでなく、効率的な製造による生産量・生産効率上昇や資材ロスの削減につながります。つまり、省人化による生産性の向上によって、企業全体の収益性向上が期待できます。

また創造性の高い部署へ人員を回したり、あえて余剰人員を残し柔軟な体制構築したりなどを行えば、より企業全体に収益となる人材配置が可能になるでしょう。

工場で省人化を実現化するためのポイント

工場で省人化を実現するためには、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

現場を分析し問題点を抽出する

省人化を成功させるには、ただ闇雲に人員を減らせばよいというわけではありません。省人化が必要な工程、省人化が必要な理由、問題の解決方法などを明確にし、効率的かつ効果的な施策を行うことが大切です。

そのため、まずは工場の現場を分析して問題点を抽出する必要があります。現場従業員へのヒアリング、作業工程の見直し、現在の作業時間・工数の計測などを行い、問題点の洗い出しと改善案策定を進めましょう。

投資対効果が見込めるのかシミュレーションする

省人化を実施するにはコストがかかることから、投資対効果(かけたコストに対し、どれくらいの効果が出るのか)が見込める施策なのかをシミュレーションしましょう。チェックすべき点は次の通りです。

  • 改善効果がコストを上回るか
  • 自動化用の新機械・システムが設置できる環境・スペース・作業動線が存在しているか
  • 人員を減らした結果、1人あたりにかかる労力が膨大にならないか

シミュレーションするときは、数年〜数十年先の中長期目線で行うことが大切です。また、人員削減ではなく人員1人あたりの生産性向上を目的とした、省力化(しょうりょくか)も同時に進めるのが効果的でしょう。

自動化に強い人材を揃える

省人化を進める上で自動化を取り入れる場合は、ロボットやシステム関係に強い人材が必要です。例えばロボット・システムを導入する人、操作するオペレーター、メンテナンス要員、総合的な管理者などが挙げられます。

専門人材の教育にはコストや時間がかかりますが、省人化を進める上では不可欠です。専門人材を育成しておけば、省人化以外の場面でもITを活用した改善を行えるようになるでしょう。工場全体のDX化・スマートファクトリー化などにつながります。

まとめ|省人化で生産性向上とコストダウンを同時に達成!

省人化は、生産性向上とコストダウンを同時に達成できる有効的な施策です。製造業界以外の工場や工場以外の現場でも取り組めるので、自社にて省人化による生産性・収益性の向上を目指してはいかがでしょうか。

この記事の監修者

ケーケーマグネット株式会社

KK MAGNET 事務局

KK MAGNET株式会社は、培ってきたハイレベルな施工品質による高磁力磁石・金属異物除去磁力検査粉体輸送、省人化等の事業です。
プラントの設備設営に関するトータルな事業に関する高い技術を惜しみなく提供いたします。 本コラムはKK MAGNETが監修するお役立ちコラムです。

関連記事