お役立ちコラムCOLUMN

KK MAGNET株式会社TOP > お役立ちコラム > 化学プラントとは?生産プロセスや必要な人材などを解説

化学プラントとは?生産プロセスや必要な人材などを解説

化学プラントとは、さまざまな化学製品の製造を行う巨大工場です。化学繊維やゴムなど、私たちにとって身近な製品・素材を作り出しています。本記事では化学プラントの詳細を解説します。

化学プラントとは

プラントとは、複数の建物・機械・設備一式が集まった工場のことです。そして化学プラントとは、化学関係の製品を生産するプラントを意味します。

日揮ホールディングス、三菱ケミカルホールディングス、住友化学などが、化学製品を扱う有名メーカーとして挙げられます。化学プラントの建築などで有名なのは、千代田化学建設株式会社、東洋エンジニアリングなどです。

化学プラントは化学変化を起こすための圧力・熱が必要なことから、大きな施設として建設されるケースが多いです。また、有害物質が取り扱えるような安全性と技術が求められます。

化学プラントで使われる原料や生産プロセス

化学プラントで作られる製品の原料は、ナフサ、ソーダ製品、シェールガスなどの天然由来成分や、油脂、炭水化物、食塩、水、硫黄、金属鉱石などです。

化学製品は、原料の反応・分離などを利用したり、混合を行ったりして製造されます。分離の方法には、蒸留・抽出・吸着などの手法が挙げられます。

化学プラントで製造される製品

化学プラントで製造される製品の例は、主に次の通りです。

  • 化学繊維(ポリエステル・ナイロンなど)
  • ゴム製品
  • 合成樹脂(プラスチックやビニール)
  • 医薬品
  • 化粧品
  • 溶剤
  • 洗浄剤
  • 農薬
  • 化学肥料
  • コロイド材料

化学製品と聞くと馴染みがない気がしますが、化学プラントでは日常生活から生産現場まであらゆる場面で活躍する各種製品を製造しています。

化学プラントの種類

化学プラントとは一言に言っても、さまざまな種類が存在します。石油化学や天然ガス化学に関する有機化学プラントと、ソーダ工業やアンモニア工業などに関する無機化学プラントが存在します。さらに、詳細な化学プラントの種類は次の通りです。

化学プラントの種類 詳細
石油化学プラント 主にナフサを原料として製造を行う
天然ガス化学プラント 天然ガスの主成分のメタンを原料として製造を行う
石炭化学プラント 石炭関係の製造時の副産物となるガスやコールタールを原料として製造を行う
ソーダ工業プラント 食塩の電気分解によって生産したものを原料とした製造を行う
アンモニア工業プラント アンモニアや硝酸など窒素を含む無機化合物の製造を行う

化学プラント関係の専門家|必要な人材とは

化学関係の製造には高い専門性が必要となることから、化学プラントには多くの資格取得者や技術者が働いています。化学プラント関係の専門家は主に次の通りです。

  • 化学系エンジニア、機械系エンジニア、電気系エンジニアなどのエンジニア関係
  • 高圧ガス製造保安責任者(甲種)
  • 危険物取扱者(甲種)
  • エネルギー管理士
  • 公害防止管理者
  • 化粧品なら化粧品関係、ゴム製品ならゴム製品関係など、製品に関する熟練者・オペレーター

化学プラントに就職・転職したい人や、化学プラントの人事担当者でどのような人材を採用すべきか迷っている人は、化学プラントに役立つ能力・知識を理解して活用しましょう。

まとめ|化学プラントは日本の工業でも重要な存在

化学プラントは、日本では電気プラントに次ぐ市場シェアを誇るプラント事業です。生産現場から家庭にまでさまざまな場面で必要になる各種製品を製造しており、日本の産業にとって欠かせない存在となっています。

この記事の監修者

ケーケーマグネット株式会社

KK MAGNET 事務局

KK MAGNET株式会社は、培ってきたハイレベルな施工品質による高磁力磁石・金属異物除去磁力検査粉体輸送、省人化等の事業です。
プラントの設備設営に関するトータルな事業に関する高い技術を惜しみなく提供いたします。 本コラムはKK MAGNETが監修するお役立ちコラムです。

関連記事